フランク・ワイルドホーン presents Special Musical Concert In Japan 2019

line

『ジキル&ハイド』『スカーレット・ピンパーネル』の名匠フランク・ワイルドホーン×日米韓トップ俳優によるミュージカル・コンサート、開催!!

2019年3月26日(火)・27日(水) Bunkamura オーチャードホール

お知らせ

出演を予定しておりました、オク・ジュヒョンはインフルエンザを発症したため、医師の診断のもと、出演を急遽中止とさせていただくことになりました。お客様には、多大なるご迷惑をお掛けしてしまい、プロジェクトスタッフ一同、心からお詫び申し上げます。

そのため公演内容を一部変更の上、公演を実施させていただきます。
お客様には、多大なるご迷惑をお掛けしてしまい、プロジェクトスタッフ一同、心からお詫び申し上げます。

※なお出演者の変更に伴う払戻は行いません。予めご了承ください。

S席12,000円 A席9,800席 学割5,000円(一般発売より)
チケットの購入はこちら
オク・ジュヒョン
韓国ミュージカル界のディーバオク・ジュヒョン(Joo Hyun Ok)
和央ようか
元宝塚歌劇団 宙組トップスター 和央ようか(Yoka Wao)
コンスタンティン・マルーリス
“アメアイ”でブレイクのブロードウェイスター
城田優
日本ミュージカル界の次世代を担うホープ 城田優(Yu Shirota)
フランク・ワイルドホーン(ピアノ)
ミュージシャン フランク・ワイルドホーン(ピアノ) (Frank Wildhorn)
イ・ジヘ
GUEST イ・ジヘ (LeeJiHye)

News

  • Coming Soon

Introduction 公演概要

繊細にして壮大なドラマを生むフランク・ワイルドホーンの珠玉の名曲日米韓のトップスターたちが新たな息吹をもたらす!

韓国ミュージカル界のディーバ、オク・ジュヒョン、元宝塚歌劇団宙組トップスター、和央ようか、“アメアイ”ファイナリストにしてトニー賞候補のブロードウェイスター、コンスタンティン・マルーリス、日本ミュージカル界の若手のホープ、城田優。日本・米国・韓国のミュージカル界を支える俳優が、名匠フランク・ワイルドホーンの元に一堂に集結するミュージカル・コンサートが、2019年3月にオーチャードホールにて開催される。2015年以来4年振りとなるフランク・ワイルドホーンが贈る日本での本コンサートは、珠玉のワイルドホーン楽曲を、自身のピアノ演奏と共に実力派ミュージカル俳優が趣向を凝らした演出で次々に披露していくもの。代名詞とも言える『ジキル&ハイド』や『スカーレット・ピンパーネル』から、ここ数年日韓のミュージカル界を席巻している『デスノート the musical』『マタ・ハリ』『笑う男』までの楽曲を、コンサート形式ならではのめくるめく歌唱リレーで展開される。ロマンチックで艶あるメロディライン、そしてドラマチックな展開がフランク楽曲。そんな名匠の音楽世界を豪華俳優の歌声と共に体感してほしい。

日時
2019年3月26日 (火) 開場18:00 / 開演19:00
2019年3月27日 (水) 開場18:00 / 開演19:00
会場
オーチャードホール (東京都渋谷区)
料金
指定S席:¥12,000 (税込) / 指定A席:¥9,800 (税込)
指定U-20席:¥5,000 (税込・一般発売より販売)
出演
オク・ジュヒョン / 和央ようか / コンスタンティン・マルーリス / 城田優
ゲスト:イ・ジヘ
演奏
フランク・ワイルドホーン / フランク・ワイルドホーンバンド

※出演者はやむを得ない事情により変更になる可能性があります。出演者の変更に際してのチケット払い戻しの対応はできませんので予めご了承ください ※未就学児入場不可 ※車イススペースあり ※カメラ撮影・録画・録音は一切禁止 ※本人へのプレゼント直接渡し不可。プレゼントボックスあり ※U-20席は身分証明書を提示
※ アダム・パスカルは諸般の都合により出演不可となりました。予めご了承ください。

Ticket Information チケット販売情報

チケット先行販売

ぴあプレリザーブ(抽選先行)
1月30日(水) 11:00~2月11日(月・祝) 23:59
お申し込みはこちら
uP!!!ライブパス先行(抽選先行)
1月30日(水) 11:00~2月11日(月・祝) 23:59
お申し込みはこちら
ぴあプリセール(先着先行)
2月13日(水) 20:00~2月16日(土) 23:59
お申し込みはこちら
MY Bunkamura(先着先行・座席選択可)
2月17日(日) 10:00~2月22日(金) 23:59
お申し込みはこちら

ファンクラブ先行販売

和央ようかFC先行
1月15日(火) 12:00~1月27日(日) 23:59
お申し込みはこちら
城田優FC先行
1月22日(火) 12:00~1月27日(日) 23:59
お申し込みはこちら

一般発売

2月24日(日) 10:00~
チケットぴあ
TEL:0570-02-9960 [初日特電/Pコード不要]
TEL:0570-02-9999 [発売2日目以後/Pコード:140-645]
(オペレーター対応 10:00~23:59)
お申し込みはこちら
Bunkamura(座席選択可)
TEL:03-3477-9999 (オペレーター対応10:00-17:30)
お申し込みはこちら

店舗販売

ぴあ店舗、セブン-イレブン、Bunkamuraチケットカウンター(Bunkamura1F/10:00~19:00 2/25以降)、
東急シアターオーブチケットカウンター(渋谷ヒカリエ2F/11:00~19:00 2/25以降)

Movie

オク・ジュヒョン コメント

コンスタンティン・マルーリス コメント

和央ようか コメント

城田優 コメント

Guest イ・ジヘ コメント

Cast Profile

フランク・ワイルドホーン(ピアノ)

フランク・ワイルドホーン

1959年米国生まれ。ブロードウェイミュージカルの作曲家として知られ、代表作は「ジキル&ハイド」「スカーレット・ピンパーネル」「南北戦争/The Civil War」「ドラキュラ」「NEVER SAY GOODBYE」「MITSUKO」「シラノ」「モンテ・クリスト伯」「ボニー&クライド」「カルメン」「GOLD~カミーユとロダン」「ルドルフ」「アリス・イン・ワンダーランド」「デスノート」「マタ・ハリ」「笑う男」など多数。また、ホイットニー・ヒューストンの「Where Do Broken Hearts Go」の他、ステイシー・ラティソウ、ナタリー・コール、ケニー・ロジャース、パティ・ラベルなどにも楽曲提供している。

コメント:
2000年初頭から始まった、日本のミュージカルファンと私の関係や体験は素晴らしいの一言につきます。そして今年の4月からは最新作『笑う男』がいよいよ日本で幕を開けますので、とても楽しみにしています。
私はミュージシャンでありプレイヤーでもあります。だからコンサートを開催することは何よりも嬉しいことなんです。そんな中、いよいよ3月26日(火)・27日(水)に東京で私と友人であるアメリカ・日本・韓国のアーティストと共にコンサートを開催することができます。
出演者はとてもエキサイティングなラインナップが揃ってくれました。一緒に音楽を作り続けている妻でもある和央ようかは特別な存在で、彼女と再び東京で公演できることは幸せです。今回初めての共演となる城田優は才能溢れるアーティストで、今から共演を待ち遠しく思っています。韓国・ソウルでショーを開催したことがあり、そしてアルバムのプロデュースもさせて頂いた、オク・ジュヒョンは、稀有なタレント性と実力を持っていて、日本の観客にコラボレーションを披露できることを嬉しく思います。そして、ブロードウェイからは私の友人であり、『ジキル&ハイド』『ロック・オブ・エイジス』のスター、コンスタンティン・マルーリスが参加します。彼は素晴らしいシンガーでありパフォーマーで、舞台でのパフォーミングに注目してもらいたいです。ゲストにはとても美しいソプラノを持つ韓国のイ・ジヘも参加してくれます。演奏はNYより世界最高峰のバンドが駆けつけてくれます。
いまから皆さんにお会いするのが待ちきれません。情熱と才能を併せ持つ友人たちとのステージをお楽しみ頂ければと思います。劇場でお待ちしております。
ARIGATO!
Frank

オク・ジュヒョン

オク・ジュヒョン

「レベッカ」「エリザベート」「マリー・アントワネット」などでタイトルロールを圧倒的かつ繊細な表現力で演じ、アジア・ミュージカル界のディーバとして君臨し続ける、ミュージカル女優。出演作は「アイーダ」「シカゴ」「ルドルフ」「ウィキッド」「マタ・ハリ」「スウィーニー・ドット」「マディソン郡の橋」など多数で数々の受賞歴を誇る。2014年には、フランク・ワイルドホーン企画プロデュースでアルバム「GOLD」をリリースしている。

コメント:
以前からフランク・ワイルドホーンさんと一緒にステージをやれたらいいなとお話させてもらっていて、競演の皆様のスケジュールが奇跡的に合って実現した貴重なコンサートだと思います。 フランクさんの楽曲の魅力は、彼の物腰が柔らかくておおらかで、温かい人間性が音楽に溶け込んでいるところです。ただし、歌唱する側の難易度は音域の幅広さもありとても高いんです。だからこそ胸の奥に訴えかけ、凝り固まった心にすぅーと入り込んできて、柔らかくほぐしてくれるパワーがあるんだと思います。今回、日米のスターが集まり、フランクさんの楽曲を背景に新しい感性に触れてお互いにいい刺激を与える場になるので歌う立場としてこれ以上の贅沢はありません。また、皆様にとって最高の時間になるように素敵な音楽をお届けすることを約束します。

和央ようか

和央ようか

元宝塚歌劇団宙組トップスター、代表作多数。2006年退団後はブロードウェイミュージカル「CHICAGO」ヴェルマ・ケリー役の他、2011年・2013年にはフランク・ワイルドホーン作「ドラキュラ」ドラキュラ伯爵役など数々の話題作に出演。舞台の他、TV・ラジオ、コンサート等幅広く活躍。「和央ようか 活動30th記念コンサート」(東京・大阪)、「ベルサイユのバラ45」(1/27(日)~2/9(土)@東京国際フォーラムC・2/16(土)~24(日)@梅田芸術劇場)が控える。
http://www.yokawao.com/

コメント:
世界中で開かれているフランクのコンサートを知っていますので、その一員として参加させて頂けることに幸せを感じます。彼のミュージカル・ナンバーはとてもナイーブなメロディを持っていて、最後はどこまでもダイナミックに広がっていく。人間の限界を感じさせないような曲です。そして最高の音楽を聴かせることしか彼は考えていません。その音を日本の皆さんに日韓米の最高のアーティストを通じて是非聞いて頂きたいと思います。

コンスタンティン・マルーリス

コンスタンティン・マルーリス

「アメリカン・アイドル」 シーズン4のファイナリストとして一躍スターダムに踊り出たブロードウェイスター。ここでQUEENの「ボヘミアン・ラプソディ」を披露し、その後トリビュートアルバム「Killer Queen:A Tribute to Queen」に同曲で参加し話題を呼ぶ。2009年『ロック・オブ・エイジス』オリジナルキャストでトニー賞候補、フランク・ワイルドホーンとは、2013年『ジキル&ハイド』で主演。2004年『RENT』ジャパンツアーでロジャー役で来日も果たしている。

城田優

城田優

2010年『エリザベート』で史上最年少でトート役を演じ、第65回文化庁芸術祭「演劇部門」新人賞受賞。また、第6回岩谷時子賞奨励賞、第23回読売演劇大賞優秀男優賞、2018年には『ブロードウェイと銃弾』チーチ役で第43回菊田一夫演劇賞を受賞と、これまで数々の賞を受賞し続けている。2016年ミュージカル『アップル・ツリー』では初の演出を手がけ話題に。今年6月にはブロードウェイミュージカル『PIPPIN』の出演を控えている。また、昨年ミュージカルカバーアルバム『a singer』を発売、歌手としても活躍中。俳優としては、ドラマ『ROOKIES』映画『亜人』等多数出演。現在1月クール金曜ナイトドラマ『私のおじさん』に出演中。

コメント:
フランク・ワイルドホーンさんとはミュージカル『デスノート』を拝見させて頂いた時にお会いしていて、いつか一緒に仕事しましょうと言って下さったのを覚えています。時間を経て、それが実現できたことを大変嬉しく思います。個人的に好きなワイルドホーンさんのお作りになる楽曲を歌唱できること、しかも豪華なメンバーとステージを作れることは非常に光栄です。特に共演しますオク・ジュヒョンさんのファンなので、オク・ジュヒョンさんとデュエットできたら良いなと思っております。

Guest イ・ジヘ

Guest イ・ジヘ

韓国・中央大学声楽科出身。2012年 『ジキル&ハイド』のエマ役でデビュー し、表現豊かなソプラノを生かし、大型 ミュージカル公演に多数出演する。主 な出演作は、『ウェルテルの恋』『ドラ キュラ』『スウィーニー・ドット』『レベッカ』 『アンナ・カレリーナ』『フランケン・シュ タイン』。現在『ファントム』に出演中。

バックバンドはNYより来日!フランク・ワイルドホーンバンド

ケビン・レイムズザー(ギター) / ジュリア・アダム(ベース) / デイヴィッド・マン(サックス)
クリント・デ・ガノン(ドラム) / 塚田剛(ギター) / 長谷川友紀(パーカッション)

セットリスト

本公演のセットリストの一部を公開!
フランク・ワイルドホーン作曲の傑作からの楽曲が登場します。ここでしか聴けないデュエットや、コンスタンティン・マルーリスによるQUEENの「ボヘミアン・ラプソディ」や、ミュージカル『エクスカリバー』、全員歌唱曲「Finest hour」などワイルドホーンがこのショーのために書き下ろした曲などレアなラインナップが揃います。是非楽しみにしてください!

■『ジキル&ハイド』 (Jekyll & Hyde)より

罪な遊戯(Dangerous Game)
和央ようか&城田優
時が来た(This Is The Moment)
城田優
新たな生活(A New Life)
オク・ジュヒョン
その目に(In His Eyes)
オク・ジュヒョン&イ・ジヘ
あれは夢(Once Upon Dream)
イ・ジヘ

『アリス・イン・ワンダーランド』 (Wonderland)より

イカれた帽子屋(The Mad Hatter)
和央ようか&オク・ジュヒョン
今日やりたいこと(Finding Wonderland)
オク・ジュヒョン

『ドラキュラ』 (Dracula)より

Life After Life
和央ようか
Loving You Keeps Me Alive
和央ようか

『GOLD ~カミーユとロダン~』 (GOLD)より

ゴールド(GOLD)
オク・ジュヒョン

『マタ・ハリ』 (Mata Hari)より

One Last Time
オク・ジュヒョン

『シカゴ』 (CHICAGO)より

オール・ザット・ジャズ(All That Jazz)
和央ようか

『デスノート』 (Death Note)より

ハリケーン(Hurricane)
コンスタンティン・マルーリス

『モンテ・クリスト伯』 (The Count of Monte Cristo)より

地獄へ堕ちろ!(Hell To Your Doorstep)
コンスタンティン・マルーリス

『スカーレット・ピンパーネル』 (The Scarlet Pimpernel)より

炎の中へ(Into The Fire)
コンスタンティン・マルーリス&城田優

『笑う男』 (The Man Who Laughs)より

Change The World
コンスタンティン・マルーリス

『エクスカリバー』 (Excalibur)より

Never To Love
コンスタンティン・マルーリス

『ルドルフ~ザ・ラストキス』 (Rudolf)より

私という人間(The Measure Of A Man)
城田優

『ハヴァナ』 (Havana)より

The Heart Of The Night
オク・ジュヒョン&城田優

フランク・ワイルドホーン楽曲以外/新曲

ボヘミアン・ラプソディ(Bohemian Rhapsody)
コンスタンティン・マルーリス
コーナー・オブ・ザ・スカイ(Corner Of The Sky)『ピピン』
城田優
Finest hour
オク・ジュヒョン&和央ようか&コンスタンティン・マルーリス&城田優&イ・ジヘ 

※新曲は他、数曲披露予定
※セットリストは予定となります。変更の可能性がありますので予めご了承ください。

PAGE TOP